鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

再開

6?7年前の八ヶ岳クラフト展で私は今まで見たことのない
作品に出会った。一見ガラクタに見えるが、とてもユニークで
他の誰も絶対まねの出来ない作品だ。
私もこのクラフト展でストーブやアイアンの小物を出展していたが、
自分のブースほったらかしで見入ってしまった。
その夜キャンプしている彼の元を訪れいろいろ話をした。
酒を飲みながらの会話は奥さんや子供も交えとても楽しかった。
翌日クラフト展も終わりお互い握手を交わし
「それじゃ、またどこかで」と言葉を交わし再開を約束した。
翌年の八ヶ岳クラフト展、彼は姿を見せることがなく、それっきりになってしまった。

彼の名は高橋耕也
その後の経歴は人が羨むほどだ。
テレビチャンピオンに過去3回出場し2回優勝
その他様々な雑誌やテレビ出演多数、などなど
久々にあった彼は昔のままの高橋耕也だった。

9月30日まで原村八ヶ岳美術館で「高橋耕也のからくりとオブジェの世界」
が行われています。近くにこられたら是非一度ご覧下さい。
正直ぶっ飛びます。

IMG_0685s-.jpg




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。