鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏休み

7月31日?8月7日まで夏休みを取らせてもらい、実家の北海道まで
行ってきました。あいにく北海道に着いた日と、帰る日以外は土砂降りの雨で残念でしたが
久々の帰省でゆっくりしてきました。
(私と長男は実は雨男なのです。)


青森ー函館の高速フェリー乗船、37ノットおよそ時速70km
2時間で津軽海峡を横断、とてつもない早さです。

IMG_0012s-.jpg

函館山です。私も船乗り時代この景色を何度も見ながら航海に出ました。

函館山-

実家へ向かう途中北海道ならではの煙突があちらこちらで
懐かしさがこみ上げてきました。

IMG_0030s-.jpg

一般的な煙突

IMG_0027s-.jpg

寒さが厳しいのでストーブも2?3台が普通です。
高い煙突はストーブの並列かな?

IMG_0031s-.jpg

町営住宅も煙突は標準装備です。

IMG_0032s-.jpg

風見鶏つきの陣笠

IMG_0037s-.jpg

帰りは青森のねぶた祭りを見て帰ってきました。
その内容はまた今度。









PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。