鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

求、山小屋!

今日、私の友人の、御嶽山 五の池小屋の小屋番、市川さんが来てくれました。昨年の噴火の状況や今に至るまでの話など
お聞きして、今更ながらですが、すごい状況であったか、また
命のはかなさなど考えさせられることばかりで言葉も出ませんでした。
それでも彼は、山への思いも強く、五の池小屋を今後も守ってゆく覚悟でいます。ちなみに五の池小屋は噴火口から距離もあり殆んど無傷です。
入山規制が2㎞になれば再開が可能との事でした。
しかし、今年の再開は?みたいです。
昔から彼の夢は、もう一つ山小屋をもって山を愛する人たちと
通年、山と関わりを持ち皆さんの御役にたちたいのです。
(五の池小屋は6~10月と短く、それ以外は下界での暮らし)
この思いが今回の噴火で更に強くなったようです。
そこでお願いです。
現在、後継者が無く山小屋の跡継ぎを募集してるような情報をご存じの方は私までご連絡いただけたらとてもうれしいです。
よろしくお願い致します。
mainimg.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。