鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

床暖発電ストーブ

今日は午後から雷で停電。仕事が出来ないので
床暖発電ストーブの配管などを行った。
ここで少しだけ公表します。
発電ユニットは最大150W 
発電と同時に温水を作り、これを床暖房に回します。
循環ポンプは発電された電気で賄います。(自己完結型)
これで今日みたいに停電でも大丈夫なはずです。
ポンプ容量は50Wなので、残りの電機は何かに使います。
燃焼効率は前回の測定で約85パーセントと驚きの結果が出ました。
排煙も無色でした。
発電ユニットは脱着可能で外すとかなり大きなオーブンになります。

DSCN4163.jpg

DSCN4164.jpg

DSCN4165.jpg

DSCN4166.jpg

宜しければこちらのページもご覧ください
http://kens-mw.com
http://kmw-s-oven.main.jp/


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。