鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

940製作風景

こんばんわ

今日は天板とガスケットの押さえ部分の場所を紹介したいと思います。


まず排気ダンパーを天板本体につける作業

FxCam_1385614645705.jpg

位置を決めたら仮付けをします。


次に本溶接をします。
FxCam_1385615219692.jpg

この時一気に一周やるのでは無く、4分割にして少しづつ熱を分散させながら溶接していきます。



次に押さえ部分の取り付け

FxCam_1385627089305.jpg


あらかじめ引いておいたケガキ線に合わせてパーツをしっかりとバイスを使い押さえます。

後は等間隔で溶接をして完成です。

FxCam_1385627124035.jpg



この部分はズレたりしてしまうと扉が閉まらなくなってしまったりするので確認しながら少しずつ溶接しています、



でわ今日はこの辺で


よろしければケンズメタルワークのFacebookページにいいね!お願いします
ケンズメタルワーク 蓼科店 Facebook

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいストーブ 欲しいなぁ
でも 貧乏だから...

唐 | URL | 2013年11月30日(Sat)20:21 [EDIT]


Re: タイトルなし

ありがとうございます!

是非ご購入を決めたときよろしくお願いします。

ベニサケ | URL | 2013年11月30日(Sat)23:38 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。