鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ストーブメンテ レクチャー

本日、煙突掃除レクチャー行ってきました。
まずは安全確保のためのロープワーク。
覚えておけばイザトいう時に役立ちます。

DSCN3778.jpg

ゴルフバックを改造した用具入れ。
これを肩にかけ屋根に上ります。
DSCN3779.jpg

屋根の上ははじめはドキドキしますが、なれれば気持ちいいです。
でも、油断は禁物です。

DSCN3780.jpg

ストーブ周りのメンテを済ませて終了です。
ここが重要で、ストーブの構造などを覚えることができ、末永くストーブとお付き合いできます。
これで2時間余りのレクチャーは終了となります。

DSCN3781.jpg

一度しっかり体で覚えれば今後のメンテナンスや、突発的なことが起きても
安全に対処頂けると思います。

Hさん、今日は慣れない作業でしたが、今後メンテナンスは薪ストーブオーナーの宿命ですので
今後安全第一でよろしくお願いいたします。
また何かご不明なことがありましたら、バックアップさせて頂きます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。