鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

納品

こんばんわ

今日は一台納品にいって参りました。

弊社からそう遠くないお客さまの所への納品でした。

木々が生い茂っている所なので、最近の猛暑でもさほど暑くなかったですね(*゚▽゚*)
体感は

FxCam_1373610816432.jpg

気温が高いと煙突がなかなか排煙をしづらくなるのですが、いつもの様に燃え付きはGOD!!でした


そのへんでちょっとした会話があったのですが、煙突は車で例えると『エンジン』なのか『マフラー』なのか

という会話で、父はエンジン、僕はマフラーだったのですが皆さんはどっちだと思いますか?

煙突の長さや太さなどでストーブのポテンシャルをどれだけ引き出すかが決まってくると思うので僕はマフラーだと思うんですよね

ちなみに2時燃焼はミスファイアリングシステムと似てますよね♪


まぁ無事お客様の所へまた一台ストーブを納めることができました。有難うございました

ストーブくんがんばれ~




話は変わりあすから三連休ですね~蓼科店も忙しくなるかな?

そんな三連休前日にちょっと夜ですがマイカーをオープンにしてドライブに行ってきました。

そしたら空に怪しい雲がありました。写真だとわかりづらいですが、実際見るとスペアリブみたいな形でした(笑)

夏の曇っておもしろいなぁ~
FxCam_1373625085190.jpg


それでわ今日はこの辺で

フェイスブックページ是非イイネ!お願いしますこちらです">

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。