鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日は土台部と各部品、扉の製作をしましたよ


DSCN3546.jpg

これは土台を仮づけした後、しっかり溶接する前の状態の土台です。

ここの溶接は結構重要な個所なので溶接がついていない場所がないようによくチェックして行います。



DSCN3547 (1)

こちらは排気にかかわる部品です。等間隔でボール盤という機械を使い穴をあけていきます。


穴あけ作業は好きな方です(笑)



明日からまたショウルームの方へ行くのでストーブ製作は一時中断です。

また開始したら紹介していきます!ぜひご覧ください。


By息子

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。