鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ショールームその後

今日、静岡よりお客様がストーブを見学に来られました。
普段でも狭い、事務所兼、ショールームですが
それに加え、納品待ちのストーブが3台場所を占領してます。
4人が座る場所も無く、2時間あまり
立って打ち合わせとなりました。
IMGP2882.jpg
遠路はるばる着て頂くお客様にもっとゆったり
していただきたい思いもありまして早く、蓼科のショールームを開店したいと思ってます。

蓼科ショールームは95パーセント完成していますが
内装の漆喰塗りの一部が残っています。
漆喰は凍みてしまうと施工できないので暖かくならないとぬれません。
この漆喰が塗り終えれば、建築検査を受け
晴れて合格すれば、早くて6月にはオープン出来ます。
思ったより早く、床のフローリングも張り終えました。
(息子と二人でがんばりました)

水道等の設備を完了です。

IMGP2839.jpg


IMGP2837.jpg

洗面ボール台はシンプルに作りました。
棚も少しだけ意匠的にしました。
IMGP2838.jpg

IMGP2840.jpg

カウンターテーブルはフローリングのあまりで作りました。
丸テーブルもフローリングのあまりで製作中。
出来たらまたお知らせします。
(ポーカーテーブルみたいなやつです)

IMGP2841.jpg

進行状況はまたお知らせします。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。