鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ストーブイベント無事終了

今日、アトリエデフさんの循環の家でストーブのイベントが
行われ無事賑やかな中、終了しました。
遠くは三重県からのお客様もいらっしゃりありがとうございました。

ストーブの安全性にかかわる話などちょっと堅い話もさせていただきましたが
皆さんに楽しんでいただき私も楽しむことが出来ました。

その後は、ストーブの醍醐味のひとつでもある料理にシフト。
原村のパン屋さんを囲んで生地作り。
IMGP2819.jpg

奥様たちはパンの焼きあがりに興味津々
IMGP2825.jpg

外のかまどではご飯を炊いてます。
子供たちも薪くべに大忙し。
目がらんらんと輝いてます。子供っていつの時代もかわいいな~。
IMGP2820.jpg

パンもやきあがりました。
IMGP2826.jpg

炉内で五徳を使い鶏肉も焼きましたがちょっと焼きすぎました。
IMGP2823.jpg

ストーブトップで焼いたおやき。
IMGP2827.jpg


それではいただきます。
うん、最高にうまい!
IMGP2829.jpg

食後まったりしながら、薪割りでちょっと運動。
奥様たち結構がんばりました。
IMGP2832.jpg

IMGP2831.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。
この後、現場を一件下見した後家路につくころは
八ヶ岳も西の空も赤く染まってました。
IMGP2810.jpg

IMGP2815.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。