鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

真夏のクッキングストーブ

改良に改良を重ねたクッキングストーブがついに、完成しました。 お披露目を昨日行いました。真夏のストーブのお披露目です。 原村のストーブ会社社長の宮川さんにもおいで頂き、 いろいろあれこれ、アドバイスを頂戴し、今後のストーブ作りの参考になりました。 さすがに部屋の中は暑すぎて、我々はウッドデッキからストーブの燃え具合を、 観察しました。今回のストーブの一押しはやっぱりオーブン。 シーズン中はいつでも、好きなときに薪でパンやピザが焼けるんです。 昨日の午後、家内と娘が2人で楽しそうにパン粉を練ったり する姿を見ると、〈こういうのがアットホームというのかナ?〉 なんて思たりもしました。 実際私自身、パンを焼くのがまだ3回目ぐらいですが、 もうハマりそうです。実に楽しい。パン焼きがこんなに楽しいものとは。 今度、石窯を作って本格的にやってみようかな。 [森のパン屋さん]なんていいかも。 DSCN0050.jpg ボルトでパーツを組み立て、重量160kgですがパーツで 一番重い部材でも27kgですので、一人で搬入設置が可能 DSCN0054.jpg ダンパーをオープンにし、焚き始め DSCN0056.jpg ある程度ストーブが温まったら、ダンパーを閉め 排気をオーブン側に送ります。 オーブンが適温になったらパンを焼きます。 薪で作るパンはやはり旨い。 それ以上に家族で[パンを焼く]これが非常に楽しい。 クッキングストーブのページはこちらから http://stove.seesaa.net

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。