鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

蓼科ショールーム内装工事始めました

ショールームも徐々にですが、内装工事を始めてます。
梁をダークシックのオイルで塗装。
今回この建物の梁を910ピッチで入れました。
建物の幅が7280mmでひとつの空間を作っているため
構造計算上、数が通常の倍必要となり
また、材木も2×10の3枚張りです
梁のピッチが狭くなった分、意匠的には
私好みのものとなりました。

DSCN3388.jpg

DSCN3385.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。