鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

壁の漆喰塗り準備

漆喰を塗るために木摺りという下地を壁につけなければいけません。
まずその木摺りの製作から。
丸ノコを卓上型に細工をして、
野地板を割って作りました。


DSCN3325.jpg

DSCN3324.jpg

木摺りの数約1500本

DSCN3327.jpg

これをせっせと取り付けます。

DSCN3351.jpg

DSCN3346.jpg

飾り金物などはあらかじめ取り付けておいて、漆喰飲み込みにします。

DSCN3348.jpgwidth="400" height="300" />
来週後半に山口県より漆喰が3トン入る予定です。
早く塗りたいです。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。