鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

薪ストーブ御嶽山に登る

先週土曜日に、薪ストーブを御嶽山の山小屋に人力で運ぶ
前代未聞のイベントにボランティアとして参加してきました。

朝7時、岐阜県の濁河温泉集合。
標高1800mの静かな温泉町に、山好き、ストーブ好きの
ボランティアが40人以上が集まってくれました。
ストーブの各パーツが並べられ、
数にして大小20個あまり。
20kg以上の重いものは4~5人の班に分けられ
交代で運びます。
DSCN3065.jpg

背負子に荷造り
DSCN3067.jpg

発起人で小屋番の市川さん
前回もブログに登場してます。
山と薪ストーブをこよなく愛する山男。
DSCN3071.jpg

午前8時出発。
御嶽山、五の池小屋を目指します。
まだ皆さん、笑顔です。
DSCN3073.jpg

DSCN3074.jpg

ジョーズ岩。

DSCN3075.jpg

滝もあります。
DSCN3063.jpg


標高が高くなるにつれ奇妙な形の木が生えてます。
ドラゴンツリー、これは私が名づけました。
DSCN3078.jpg

きれいな花も咲いてます。
出発して1時間ぐらいですでに足腰が痛く
肩にストーブの重さがずしりとこたえてました。
写真をいっぱい撮るつもりがそんな思いはどこかへ行ってしまった。

DSCN3077.jpg

ひたすら寡黙に登りつめやっと先が見えてきた。
御岳飛騨山頂まであと200mというところで
市川さんと記念撮影。少し余裕が出てきました。
DSCN3079.jpg

高低差1000m、距離4.2kmの道のりを4時間かけて
ついに到着。

DSCN3093.jpg



DSCN3080.jpg

この企画が新聞にも出ていたようです。

五の池小屋さんの報告レポートもご覧下さい。

続きは次回

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。