鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

薪集め

泉野もやっと春めいた感じになってきました。
我が家の八重桜としだれ桃も満開です。
IMG_2046.jpg

今日は家内を連れて薪を貰いに行ってきました。斜面での作業は結構きつかったです。
しかし、思いのほか良質の薪を手に入れることが出来ました。
ナラと桜の原木です。1トン前後はあります。
IMG_2044.jpg

作業の後はチェーンソーの目立ては欠かせません。
私の愛機です。
ドイツの名品 スチールMS240です。
これが2機めです。
前の機種もこれと同じです。
重量もそこそこでブレードもそこそこ長く、
パワーもそこそこです。
プロには少し物足りないかも。
私のようなアマには調度よい機種かも知れないです。
IMG_2047.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

これからですか

いい季節ですねええ。
ボクは、先日やっと薪作りが終わりました。

チェンソーが壊れました。ガックリ!

あかじい | URL | 2011年05月16日(Mon)08:33 [EDIT]


あかじいさん、お久しぶり
薪作りはお終いですか。
私はこれからです。
後4~5トンくらい調達しないといけないです。
山にはまだまだ沢山原木がありますが、
なんせ、搬出が大変なんで
どうしようかなと思案中。

| URL | 2011年05月16日(Mon)09:07 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。