鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お客様からのお便り

2年前ストーブを購入いただいたお客様から
表札の注文を頂き、お送りしたところ
その施工風景を送っていただきました。

私のブログには2度目の登場のTさん。
コンクリートドリルで目地に穴を開けコンクリートボンドで固定。
014 (2)

015 (2)

017 (2)

022 (2)

このおしゃれなアールの付いた塀もTさんの製作品です。
ケンズメタルとTさんのコラボレーションとなりました。
手先が器用なのでいろんな物を製作しているとのこと。

016 (2)

2年前工房にお越し頂き組み立てレクチャーを受けて、
引き取り頂きストーブもTさんが設置しました。
ストーブを設置したときの画像。
(事前に十分に離隔距離や防火対策は打ち合わせてあります。)

コピー ? 栗田邸

壁との離隔、消防法(消防条例)以上に安全、防火を考慮に入れれば
特別な条件がない限り、煙突工事(断熱2重管)やストーブ設置において
セルフの工事は可能と私共は考えております。
(大工さんなどの手を借りれればなお正確性が増します)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら

ゆるりとご覧くださいませ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。