鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

真夏の薪ストーブ

昨日蓼科のお客様へストーブの設置工事を行ってきました。
2月からたびたび打ち合わせを行い完工を迎えることが出来ました。
今回は1個あたりのパーツの重量もあり
暖炉の改修などいろいろ楽しくもあり勉強にもなった
仕事でした。

標高1600mの涼しい高原とはいえ試し焚きは
秋ごろを予定してましたが、お客様の要望もあり決行
お客様のリクエストでドアーハンドルは斧の形になってます。


IMG_1343.jpg

トップ温度も上がり200℃ぐらいで調整
熱気が徐々にましてきた。
fukuyama2.jpg

インテリアと調波が取れた重厚な感じがします。

fukuyama3.jpg

夕方帰宅、泉野の高原に涼しい風が吹いてました。

yuuhi.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら
ゆるりとご覧くださいませ。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

美しい!の一言に尽きると思います。
もちろん,景色ではなく薪ストーブの仕上がりに対してですよ…(^。^)

KmkmY | URL | 2010年08月02日(Mon)21:57 [EDIT]


ありがとうございます。
とうとうお披露目できました。
これからもお客様のご要望にお応えできる様
がんばります。

べにさけ | URL | 2010年08月03日(Tue)07:03 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。