鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

屋根葺き終了

先日蓼科のショールームの屋根葺きが終わりました。

ケラバと軒先は水切りをつけます。
以前小屋を建てたときは水切りをつけなかったので
10年で軒先が腐り始めました。

DSCN3316.jpg

仕上げ材はアスファルトシングル。
値段的、工期的にこれを選びました。
施工は簡単。
DSCN3317.jpg

山梨から長男も応援にに来てくれたので
2日で終了。
DSCN3319.jpg

ショールームからの風景。
遥か御岳に沈む夕日
DSCN3320.jpg

DSCN3321.jpg



スポンサーサイト

PageTop

ショールームの壁張り

建設中のショールームの壁張りが終わりました。
サッシも一から組み立ててはめ込みました。これで雨がしのげる。
壁の仕上げは当初、板張りと考えていましたが
漆喰壁に変更です。10月初旬に広島より着ます。総重量3トン。
漆喰を塗りこむ「キズリ」という木下地を現在製作中。
漆喰は「瀬戸漆喰」というもので従来の漆喰とは
趣がかなり違います。
今からとても塗りが楽しみです。
DSCN3308.jpg

PageTop

煙突掃除

今日は飯綱高原まで煙突掃除に行ってきました。
急勾配の屋根なので、
ザイルに安全帯をしっかり取り付けての作業です。
これからシーズンに向けて、
煙突掃除を行う方も多いと思いますので
安全対策をしっかり行ってから作業に取り掛かってください。
DSCN3299.jpg

PageTop

ショールーム屋根掛け終了

7月から約2ヶ月あまり、建て方工事を進め
やっと屋根掛けが終了しました。
炎天下二人だけで工事を進めてきて
時には息子に発破をかけながらやっと
一つの山場を越えることが出来ました。
これも皆さんのおかげです。

「今日で締めるから気合入れていくぞー」と息子
DSCN3275.jpg

DSCN3280.jpg

合板1枚に釘40本。釘打ち機が活躍します。
DSCN3282.jpg

DSCN3283.jpg
この2ヶ月間辛いこともありましたが、だんだん形となっていく
過程を見ながら倅もいろいろ経験をつんで、それが自信となりその自信が
やがて未来の良き結果を生むのでしょう。







PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。