鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

床暖房ストーブ パート2

今朝の気温は6時で?8℃でした。
室温も同じく?8℃。
昨夜は薪の投入も無く、床も冷たい状態にしました。
床温度は?1℃ぐらい。
思ったより温度が低かった。
(その前は同じ状態で、2℃ほどあった。)
この状態から一気に温度を上げるとどのくらいの時間が掛かるか
調べてみることにしました。

IMG_1859.jpg

薪を5kgほど入れて全開で燃やします。
(背後に遮熱板がありませんが、余熱タンクを背負ってるので
 熱は壁に伝わりませんが、検証が終えて落ち着いたら設置します)

IMG_1849.jpg

30分足らずでリザーブタンクの水温50℃を超えました。
加熱器からの出口温度は90℃。
タンク内で混ざり合いながら、60?70℃の温水が床を暖めます。

IMG_1863.jpg

戻りの不凍液温度。
熱かった不凍液が熱を床に与えて帰ってきました。

IMG_1865.jpg

床温度も2℃ほど上がりました。

IMG_1869.jpg

燃焼料はこのまま30分継続。測定場所は側面。
最高温度で400℃を超えてました。

IMG_1871.jpg

加熱器は上部に設置のため、通常燃焼でトップ温度が200℃を超えることがあまり無い。
現在の仕様はトップの一部分が高温となる作りとなってます。

IMG_1870.jpg

開始後、1時間で床温度が10℃となり、
その後1時間おきに2kgの薪を投入、
温水も60℃前後で安定し、戻りの水温も40℃で安定。
3時間で若干場所により斑があるが、30?32℃。
気温はまだ?1℃。今日は最高気温が0℃の予報。
室温も朝9時時点でまだ20℃。
(断熱材も無い隙間だらけの事務所兼ショールーム)

6畳の床暖房面積に対して、トータル約9kg(薪1束位)の薪を燃やしおおよそ3時間で
?1℃の床を30℃まであげることが出来た。

6坪の建物と6畳の床断面積というかなり小さい条件下ですが、その後床温度も水温も安定してくると、
薪の消費は極めて少なくなってきます。
2時間に2kg前後の薪1本程度で室温25℃前後、床温30℃前後で安定。
水温も50度前後で安定出来ればそれ程の消費はいらないと思います。
夜冷え込んでくるともう少し短い間隔の投入となるでしょう。


コントローラーで床温度30度に設定
30℃以上になると自動的にバイパス回路に切り替わり
床への温水供給がストップとなります。
逆に安定状態で燃やしすぎると不凍液は高温となりすぎるため
別の熱の供給先が必要となります。
それは別室のルームヒーターでも良いし、トイレなどに置く
パネルヒーターでも良いかもしれません。
給湯器に使えるかもしれないです。
その可能性は多いと思います。

IMG_1854.jpg

IMG_1855.jpg

今後時間が許す限り、様々な角度から検証していきたいと思います。
そのときにはまたレポート掲載していきます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら
ゆるりとご覧くださいませ。

http://www.kens-mw.com/



スポンサーサイト

PageTop

床暖房ストーブ

久々の更新です。
去年暮れから先日までショールーム兼事務所に床暖房設備の
工事をしてました。
通常業務と床暖工事を同時進行でしたので結構、ハードな毎日でした。

IMG_1840.jpg
昨年12月末から材料もそろえて工事開始。

IMG_1841.jpg
床にスタイロ断熱を敷き、熱が床下に逃げないようにします。

IMG_1843.jpg
根太455ピッチで打ちます。

IMG_1844.jpg
コンクリートを流し込むので防湿シートを敷きます。
防湿シートが無かったのでブルーシートで代用しました。

IMG_1845.jpg
一部アルミ板を敷いてみました。
以前床暖房を得意としてる社長に鉄板を敷けば床温度の上昇時間が早くなる
と聞いたことがあるので実験的にやってみました。

IMG_1846.jpg
架橋ポリエチレンチューブを回します。
6畳ほどの床暖房面積に約80m使用しました。
この中にコンクリート流し込みました。
息子にモルタルを煉らせて私がなんちゃって左官でやったので
うまく熱が床材に伝わるかどうかに疑問が残りました。
テンヤワンヤの左官工事でしたのでその画像はありません。
案の定コンパネを敷いたらモルタルとの間に隙間が出来てました。

IMG_1848.jpg

隙間を無くすためにモルタルの粉を敷き隙間を無くす作戦です。
これでバッチリ隙間が埋まりました。
隙間があると床材に直接熱が伝わらないので、効果が半減してしまいます。
IMG_1842.jpg

床暖房の検証結果は次回報告します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら
ゆるりとご覧くださいませ。

http://www.kens-mw.com/






PageTop

仕事始め

明けましておめでとうございます。
本日より通常業務に入りました。

早速朝より工房で来週収めの大型機種の塗装を行ってます。
今日中にメール返信や問い合わせの受け答えを
行いますのでもう少しお待ち下さい。

今年も宜しくお願い致します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。