鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

読書の夏?

こんなの作ってみました。

本立てです。
3年前に八ヶ岳クラフト展で知り合った方からのご注文です。

honntate1.jpg

honntate3.jpg

honntate2.jpg

読書しないとき台は椅子になります。
角度は35度、45度、55度、と調整できます。

3年前に渡した名刺を大事に持っていてくれてました。感激です。
「まいた種はいつかは実をつける」ですかね?。
この夏、読書に耽るのかな?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
またのお越しを。

公式ホームページはこちら
ゆるりとご覧くださいませ。




スポンサーサイト

PageTop

蜜蝋

鉄の風合いを出せる蜜蝋仕上げ。
昔からの錆止めで、蜜蝋の他に椿油を使ったり
真っ赤に焼いた鉄を油に突っ込む油焼きなどもよくやります。
塗料を使った物よりはしっとり感があり屋内の
金物には好んで私は使います。

酸素である程度焼きます。
あまり焼きすぎると蝋が蒸発して素材に乗りません。
焼き不足だと錆止め効果が薄れます。ビミョウ?です。

IMG_1339.jpg

一気に蜜蝋を万遍にがーと塗る。
鉄が黒く変色してゆきます。青黒いところもあり
鉄の色が実にきれいです。

IMG_1338.jpg

燻し瓦の目地に合わせた和風のフック
フックは脱着が出来て好きなところ移動できます。
角鋼の接続はかしめ
大きさは900×900

IMG_1360.jpg

一輪挿しをフックに吊るしてみました。

IMG_1361.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら
ゆるりとご覧くださいませ。




PageTop

2010夏鈴鹿8時間耐久レース

今年も鈴鹿8h耐久レース行ってきました。
昨年はドシャ降りの中のレースで波乱に満ちた
内容でしたが、今年はモーレツな暑さの中開催です。
ヨシムラ、2連覇ならず 残念!
まずはこちらの動画から。


IMG_1366.jpg

シケインから爆音を残し最終コーナーへつ込んでいくモンスターマシン。
ライダーも暑さとの戦いです。
観戦も暑さとの戦いでした。

IMG_1389.jpg

こちらも暑さとの戦い。
IMG_1387.jpg

ヨシムラのマシン
スズキGSX-1000
IMG_1386.jpg


IMG_1379.jpg

暑い暑いと言いながら短い夏は過ぎてゆく。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら

ゆるりとご覧くださいませ。





PageTop

真夏の煙突掃除

先日、お客様よりお電話をいただき、
すずめが煙突に巣を作っているということでした。
昨年も鳥が巣を作ったということで網を付けたのですが
どうも網の上部のほんの少しの隙間から
出入りしてるみたいです。

すずめの小さな卵が2個
すずめにはかわいそうな事をしてしまった。
ごめん

IMG_1346.jpg

今度は上部まで網をかさ上げしたので出入りは出来ないはず。

IMG_1345.jpg

ためしに屋根の温度を測ってみた。
時間はまだ9時半ごろ
猛烈に暑い。

IMG_1349.jpg

煙突ブラシをゴシゴシ
室内の煙突を外してすすの落ち具合をチェック

IMG_1347.jpg

ストーブとオーブンの煙道も掃除、
裏側も細めのブラシですすを落とし
穴の部分も棒やブラシできれいにしましょう。

IMG_1351.jpg

IMG_1352.jpg

オーブンのすすも全部落としたら
ストーブ背面のドアーから取り出します。

IMG_1353.jpg

煙突もストーブもきれいに垢を落としてシーズンを迎えましょう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら
ゆるりとご覧くださいませ。









PageTop

蓼科高原ストーブ仮設置

蓼科高原からの眺め
私の住んでるところも涼しいが、輪をかけて涼しい?。
水道水は冷蔵庫で冷やしてんじゃないのってくらい冷たい。

IMG_1337.jpg

標高1600mm蓼科高原の山荘へストーブの仮設置に行ってきました。
旦那さんにも手を借りて3人がかりで設置です。
一個あたりのパーツが重い。特に暖炉の中の
沿道ユニットが重い。
設置後軽く燃焼テストでドラフトを確認。
あっという間にドラフトが発生し、
涼しい高原の部屋も熱を増した。
ストーブが冷めるのを待ち解体撤収、工房へ持ち帰り
塗装して本設置に入ります。

暖炉側に熱が伝わらない構造や、
煙道ユニットの設計も含め性能、効率はもとより
今回は円形の炉台に合わせた設計で、デザイン重要視しました。


IMG_1334.jpg


暖炉改修をご検討されている方へ
今回、お客様のご好意で
実物を見たい方は見せてくださるそうです。
興味その他ご検討されている方は
こちらからお問い合わせください。
後日連絡いたします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページ
はこちら
ゆるりとご覧くださいませ。


PageTop

ラベンダー

八ヶ岳にも夏がやってきました!
1週間降り続けた雨も止み夏です。

初夏の花が工房の周りでも咲いてます。
ラベンダーにミツバチが蜜を吸いに来てます。
高原はこれから花盛り。

P1010032.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら
ゆるりとご覧くださいませ。

PageTop

梅雨時の煙突工事

先週より雨が続き煙突工事がのびのびでした。
昨日晴れ間を見て工事決行。
屋根屋さんが今日朝から工事開始でしたので
間にあいました。

天井が仕上がってから開口部はケイカル板で枡囲いします。

IMG_1329.jpg

結露防止板
フラッシンッグの結露を防止して結露しても
内部に露が回り込まないようにします。

IMG_1330.jpg

フラッシングをかぶせて屋根屋さんに渡します。
フラッシングの立ち上がりはレーザー溶接で水が漏れることはありませんが
用心のため一応コーキングします。

IMG_1331.jpg

屋根からの眺め
雲が切れ青空が見え出した。
梅雨明けかな?。

IMG_1332.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら
ゆるりとご覧くださいませ。



PageTop

雑木林

八ヶ岳も緑が美しくなりました。
工房の敷地も緑がきれいです。
白樺やナラ、山桜などの雑木林です。
工房では毎日鉄を叩いてるのでそれにつられ
一日中、鶯などの野鳥が鳴いていて私が一番好きな場所です。

IMG_0560.jpg

IMG_0561.jpg

窓からの風景
時間があれば整備して遊歩道を作ったりしたいですね。

IMG_0562.jpg

分かるでしょうか?
画像の奥に小さな建物が写っているのが、
あれが工房です。私が廃材などで作りました。
周りには何もありません。
時々鹿がやってきます。
こんな自然の中で毎日ストーブや鉄製品を作ってます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら
ゆるりとご覧くださいませ。



PageTop

ビルトインストーブ パート2

製作中のビルトインタイプ
ほぼ完成です。
あとは塗装のみです。
塗装前に現場へ持っていき暖炉と仮合わせをして
暖炉の改修をした後、組み込みとなります。

IMG_1323.jpg

幅1160mm、定盤の幅が1800mmです。すべて9mm鋼板使用です。
設置が今からワクワクしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
     ↑
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら
ゆるりとご覧くださいませ。

PageTop

薪棚と葡萄棚

毎日雨です。
煙突工事がなかなか予定通りに進みません。
しかしこの雨が作物を育て秋の実りになります。
今年も我が家の葡萄も芽をつけました。
葡萄を収穫するころにはそろそろ2年物の
薪を焚き始めます。

IMG_1319.jpg

マスカットです。

IMG_1320.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいです。
あなたの応援があるから更新できます。

公式ホームページはこちら
ゆるりとご覧くださいませ。

PageTop

ストーブレクチャー

昨日の土砂降りから今日は一転して快晴。
ストーブ引渡しには最高の日です。
神奈川よりお越しいただいたOさんのレクチャーの開始です。

IMG_1314.jpg

奥さんがデジカメで記録係

IMG_1315.jpg

IMG_1316.jpg

2時間ほどで完成です。
今日早速小淵沢の別荘で組み立てをするそうです。
当工房のストーブは普通の方であればどなたでも
組み立て設置が可能です。

何十年と使っていくうちにがたがきたりして
修理の必要があってもご自分でその部分を外して
送っていただければ、修理をしてまた使っていただけます。
アクティブなあなたであれば
そうすることで修理コストを大幅に減らし
半永久的に使っていただけると思います。

アフターサービスには期限はありません。
いつでもお申し付けいただければと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ


PageTop

灼熱地獄

じめじめ蒸し暑い日が続きますね。
そんな中、コークスを起こして私はサウナ状態。
暑い!とにかく暑い。

IMG_1307.jpg

ドアーノブを作ってます。

IMG_1308.jpg

IMG_1310.jpg

真っ赤に焼いた鉄をスプリングハンマーで叩きます。
汗が滴り落ちて一日で体重が1kgぐらい落ちます。
しかし夜ビールや焼酎をそのぐらい飲むのでまた元通りになってしまいます。

IMG_1311.jpg

IMG_1313.jpg

IMG_1312.jpg

こんな形になりました。
長さ500mmと住宅用としてはやや大きめです。
仕上げに蜜蝋を塗って握りの部分にシュロ縄を締めて完成。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ランキング参加中です。
カチッとクリックおねがいね。





PageTop

暖炉改修工事

2月から打ち合わせをしてる現場で暖炉改修工事が始まりました。
今までの工事としては結構、難しい部類に入ります。
標高1500mmの蓼科高原です。冬は?25℃ぐらいまで下がることもあるそうで
床暖房も入ってますがオープンの暖炉では寒くていられないとのこと。
そこで輻射式の大型ストーブを導入ということになりました。
煙突は暖炉で使っている物を使用することとなります。

IMG_1250.jpg

この暖炉の改修です。
まずは暖炉の周りの飾りを撤去
構造はセミビルトインになります。

IMG_1302.jpg

ストーブの形は炉台に合わせて半円
本当は扉の部分も円にしたかったが耐熱ガラスにアールを
つけることが出来なかったためこの部分は直線。
総重量は200数十キロ
直径は1mオーバーの大物で鋼板は9mm
しばらくこのストーブとの格闘が続きます。
これでお客様の山荘も暖かくなれば嬉しいですね。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。