鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

薪焚き人、山へ行く

先日いつもお世話になっている大泉の薪屋の西田さんの山へ
薪を頂に行ってきました。
いのししぐらいしか通らない獣道を4駆トラックで進みます。
図鑑ぐらいでしか見たことの無い虫を発見
DVC00008s-.jpg

IMG_0515s-.jpg
曲がった木や節が多い木は商品には少し不向きということですが
全然そんなことは無く、よだれが出そうなナラやクヌギといった最高の物でした。

IMG_0521s-.jpg
女木こりの能勢さん、その華奢な体で今年の冬も600トンの原木を切り倒し
里まで運び出したそうです。(すごい)

IMG_0522s-.jpg
原村のKさん、スチールのヘルメットが決まってますね?
(使用機種:ケンズメタル スタンダード 旧タイプ)

IMG_0530s-.jpg
切り出した原木を重機でトラックまで運びます。

IMG_0524s-.jpg
あっ危ない! 急斜面から落石、キャタピラーに激突してしまいました。
山の仕事は危険と隣り合わせ。危険な仕事です。
ともあれ無事に作業は続けられました。

IMG_0533s-.jpg
トラックに積んでもらいます。

IMG_0534s-.jpg
お昼は焼肉です。
山での焼肉は最高です。

IMG_0517s-.jpg

プロ愛用のチェーンソーです。ゼノア370 
最後の切り抜けが絶妙ということで他のメーカーにない
使い勝手だそうです。その他にいろいろチェーンソーについて教えて
頂きました。ありがとうございました。

IMG_0518s-.jpg
積み込みも終わり帰路、しかし困難はここからが始まりでした。

次回へつづく

PS
薪のお問い合わせは
090-4000-9698
0551-38-3017
西田さんまで

なら、クヌギといった良質の薪で価格も良心的です。







スポンサーサイト

PageTop

店の看板

お店の顔の看板の注文を頂き先日取り付けてきました。
IMG_0497s-.jpg
蓼科メルヘン街道沿いのカフェです。
カフェのほかにドライフラワーなども扱っています。
このドライフラワーが独特で一言では説明できません。
お近くまで着たら寄って見てください。
IMG_0498s-.jpg
工事も急ピッチで進められています。
オープンは7月3日
IMG_0502s-.jpg
ログギャラリーにストーブも展示されてます。
IMG_0501s-.jpg


PageTop

ストーブレクチャー

最近ご自分でストーブの設置を希望されるお客さんが
とても多くなっています。
ストーブの構造や、壁との離隔距離などを知ることが出来るので
メンテナンスや、防火の意味でとてもいいことだと私は思います。

昨日神奈川県よりストーブを引取りにこられたOさん。
Oさんは煙突工事もご自分でする予定です。
その時はまたいろいろアドバイスさせて頂きます。
IMG_0496s-.jpg

設置工事や煙突工事など自分で行うということは、工事コストを下げる分
ある意味でリスクを自分が引き受けるということです。
リスクを極限まで無に近づけようと、あらゆる関連知識を身につけるため勉強し
行動に移せるということは、とても意義のあることだと思います。

すべて人任せには出来ないという人、是非チャレンジしてみてください。
(体力に自信の無い人や、高所恐怖症の人は無理の無いようにしてください。)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。