鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クッキングストーブ、第一回デモ終了、

8月28日小淵沢の骨董フリマで、第一回クッキングストーブのデモを盛況の中、 終了できました。おいで下さった、皆さんありがとうございました。また来月行いますので、 焼きたてパン、楽しみにしていてください。 ストーブもさることながら、パンが大好評でした。朝九時から午後1時まで焼き上げたパン すべて完売、皆さんありがとうございました。パンの生地は嫁さん担当です。焼き係は私。 (実はうちのカミさん、パンやケーキはプロ級なんです。) 当日は残暑が厳しい上に、ストーブの熱とで、結構、正直きつかったですが 年間10回は行う予定でいます。見かけたら[ブログ見たよ]と言ってくれたら、 焼きたてパンをプレゼントしますよ。 DSCN0044.jpg デモに向け、クッキングストーブを組み立て中 デモの風景を撮り忘れてしまいました。 (実はお客さんの対応に追われ、大わらはでした) クッキングストーブのページはこちらから http://stove.seesaa.net

スポンサーサイト

PageTop

クッキングストーブ、デモするよ?。

明日、8月28日(日曜日)、山梨の小淵沢で新作の クッキングストーブのデモします。 場所は、山梨、中央道、小淵沢インターから、 20号線に下り、東京方面に2?3km行ったところの 大きな交差点の左角の空き地で、[虹](会社名:アクセル) という骨董リサイクル店の空き地で、すぐに分かります。 インターから10分そこそこで着きます。 暑い中着てくれたお客さんには、[ブログみたよ] と言ってくれたら、クッキングストーブで焼いた [森のパン屋]の焼き立てパンをを、 プレゼントしちゃいますよ?。それではお待ちしてますね。

PageTop

私がクッキングストーブを作ったきっかけ

金属を、特に鉄を素材とする物造りや工事を長い間していると、今作っているもの以外に
「何かもっと違う自分らしい物を作ってみたい」、という欲求にかられてしまいます。
その一つが薪ストーブでした。今度ここで紹介するクッキングストーブは 、3号機となります。

DSCN0202.jpg

私自身、酒飲みの食いしん坊で、暖かくなるとよく自宅庭で焚き火をし、焼肉や燻製をしたり、
春や秋は山で採った山菜やきのこ鍋を焚き火で作ったり、ときには焚き火の炎を肴に酒を飲みながら
友達と語ったりしています。「 炎のある暮らしっていいなー」とつくづく思うひと時です。
そんなある日、仕事も終わり事務所のストーブの前でビールを飲みながら
いろいろストーブの話をしました。そしてストーブの思い出話。

?ここからそのおおよその内容?

わたしが幼少のころ田舎(北海道)の冬の暖房はほとんどの家が
薪ストーブでした。親父は秋口から自分で作った薪きり機で原木の玉切りの仕事を
していました(丸のこのお化けみたいなやつ) ストーブはそんな高価な物ではなく
たいていは時計ストーブと呼ばれているもので 、ストーブトップが何重ものわっぱに
なっていて、鍋の大きさによりそのわっぱで調整する暖房兼調理ストーブです。
そして煙突の排熱を利用するため、ストーブのすぐ後ろに湯沸しが付いていました。http://www.museum.hakodate.hokkaido.jp/collection/rekishi/12_15_01.html
この湯沸しは板金屋さんに頼んで作ってもらいます。煙突なんかも板金屋さんが作っていました。
昔の職人は頼めば何でも作ってくれました。 ほんとの意味での職人です。
(私もそのような職人をめざしたい)

毎日、母 はそのストーブで料理を作りました。朝は味噌汁や前夜の残り物を温めたり、
昼は大鍋でジャガイモを煮たり、 ストーブトップに新聞紙を敷きイカの塩辛を焼いて
芋といっしょにたべたりする。
夜はカレーや三平汁、すいとん、たまにはジンギスカンなどの
焼肉を大汗をかきながらやったりもしました。
親父は晩酌に湯沸し器で熱燗を付けるのが楽しみでストーブでいわしやほっけを
自分で焼いて、一杯やっていました。
燃やしすぎると側面がポーと赤くなりストーブ自身に表情 があったり、寝る前に
あんかの豆炭をおきでやいたりと・・・・・その役割は計り知れません。

DSCN0013.jpg

ストーブの周りにはいつも家族がいました。そして、笑顔がありました。
凍てつく北の冬には眺めるだけのストーブは必要なく、あくまで実用的で暖かく
煮炊きが出来るストーブが必要だったのです。
そんな昔のストーブの思い出話をしていました。(時計ストーブは今でももちろん健在です)

?ここからプロジェクト?

単純な私は話をしてるとなんだか自分のオリジナルのクッキングストーブが
作りたくなった。2号機との合作で作った。しかしこれは私が作ろうと
思っていた物とはちょっと違うものとなってしまった。失敗だった。今は
オブジェとなっていい感じになってしまった。

月日が流れ今年ある人物との出会い が私の職人魂に火がついた。
「世界一のストーブを作ろう」この一言が中年のおっさんの何かのスイッチが
押された。

まづはコンセプト を洗い出した。
・9mm、6mmの鉄板がポーと赤くなるまでがんがん燃やせる頑丈なやつで
・ストーブトップは直火で調理が出来て、鳥一羽が焼けるオーブンも付いたやつを。
・それと私の従来通りのストーブの機構で熱効率を重視し扉のガラスは曇りにくくする。
・クッキングストーブ=重い、スペースを取る、高価、この3重苦の解消
・自分で煙突工事やストーブ設置をやってしまいたい行動派のために 組み立て式にする
 ( いつか引越しする場合にもこの機構は非常に便利 、愛着のわいたストーブも一緒に)


このコンセプトのもと従来機種との合作ではなく単体としての
クッキングストーブは製作開始された。 (小声でプロジェクトX)

PageTop

森の鍛冶屋のクッキングストーブの特徴

● クッキングストーブの多くはそのオーブンが大体が火室の横に付いています。
  森の鍛冶屋ではオーブンをあえて火室の下部に設けました。
  それは何故か、私自身キャンプなどでダッチオーブンを使い、
  いろんな料理を作ります。そのときダッチオーブンの蓋の上にも
  おき火を置きます。そうするとローストチキンなどの肉料理は、
  こんがり表面に焼きが付き、中のうまみを逃がしません。
  これと同じ構造にしたのです。そのことにより、表面パリパリの
  おいしいチキンがいただけます。

DSCN0017.jpg
  

● デザインが縦長であるため、スペースを取らない。

● トップに直火が当たるため、煮炊きが早い。

● 形がシンプルでモダンな感じがします。(縮小型、拡大型など
  簡単に設計できますのでそのぶんのコストがかかりません)

● ボルトによる完全組み立て式構造、全重量200kg以上あります。
  (スタンダード:230kg)
  しかしパーツ1個あたりで一番重くても40kgほどです。
  ご自分で設置工事をやってしまおうという方には打ってつけです。
  また夏場使わないときは分解してしまうことが出来ます。

● 引越しのときも家財道具として持って行く事が出来ます。
 (1個200kg以上
  の物の引越しは大変だしお金も相当かかります)
  長い将来のことも考えて検討したいですね。

● 扉のガラスは独自のエアーシールド構造になており、曇りにくく、
  美しい、オーロラのような炎を見ることが出来ます。

● 2次燃焼式、   暖房面積:(スタンダード)で約100?120?
  最大発生カロリー11800kal/h 定格 9400kal/h
 (スタンダードサイズ:WDH 495×485×880)
  薪長さ:(スタンダード)で45cm?50(各ストーブの大きさに  より異なる)

● 使用鋼板   6mm、9mm 炎が直接触れる場所はすべて、
         9mm鋼板を使用してます。また、各部品は焼損した場合
         すべて交換可能です。

● サイズ 基本的に3種類ございます。 
      モアライト・スタンダード・モアラージ
      建物の大きさや広さに応じて、使い分けが出来ます。

      
DSCN0054.jpg

デザインは極力シンプルにまとめました。

DSCN0056.JPG

オーブンでパンを焼いています。

         

PageTop

クッキングストーブが出来るまで

まずお客様のご要望をお聞きし寸法など書いた簡単な設計図面を提出いたします。
オリジナル製品がよろしければ、ショウルームにきて頂き実際にみてもらいます。
ご要望があれば、火も焚きます。

お見積もりを検討していただき、よろしければ制約という事で
製作に入らせていただきます。


オリジナルのクッキングストーブはすべて組み立て式のため
非常に各パーツの精度が必要です。
そのため各パーツを+?1mmの精度で切り出さなければなりません。
いまガス切断機で9mmの鉄板を切り出してます。

P1010062.jpg

グラインダーでバリを落とす作業

P1010063.jpg

溶接によりパーツの一部を製作

P1010065.jpg

出来上がった各パーツ、これを8mmのボルトで組み付けます。
(本来この段階で塗装に入りますが、今回は塗装はされていません)

P1010069s.jpg

組み立て完了

P1010070s.jpg

さっそくパンを焼いてみました。(フラッシュで写真を撮ったため2次燃焼が
分かりずらいですが、オーロラのような炎です)

DSCN0035.jpg

ピザも焼きました。トップではモツの煮込み。

DSCN0037.jpg



PageTop

施工例

DSCN2344s-.jpg
海外より取り寄せた大理石とグリーンストーンの炉台に設置。
なんともゴージャスです。

DSCN2326s-.jpg
蔵を改修したリビングに設置。梁や柱が時代を感じさせ
雰囲気最高でした。

DSCN2331s-.jpg
自然エネルギーをフルに活用した、エコな古民家に設置。

DSCN2444s-.jpg
釜焚きも出来る、スペシャルバージョンのクッキングストーブ。
ホテルレストランに設置。

DSCN2629s-.jpg
鉄板焼きも出来るこちらも、スペシャルバージョンの
クッキングストーブです。
某有名芸能人所有のギャラリーに設置。

DSCN2503s-.jpg
近くのログハウスのお宅
炉台が落ち込みタイプです。これがなかなかいいんです。

少し変わった施工例をこれから随時載せていきます。









PageTop

ショールーム

事務所と併設ですがショウールームがあります。
近くにお越しのおりは、気軽においでください。(不定休)
ストーブのほかに、アイアンのインテリア雑貨や、シルバーアクセサリー
などもお求めいただけます。(すべて私のハンドメードです)

P1010131.jpg

入り口です

P1010137s-.jpg

ストーブは常時3機、展示してます。
事前にお電話頂ければ、実際火を焚き、パンなども焼くことが出来ます。

P1010071.jpg

P1010072.jpg

証明なども、製作しております。(30000円位から製作いたします)

P1010019s-.jpg

P1010004s-.jpg

フックなどのインテリア雑貨も製作しております。
(1個からお作りします。10000円位から)

P1010172s-.jpg

P1010182s-.jpg

ピュアシルバー、純銀の塊から切り出して、ハンマーで叩いて作っています。
ネックレス5000円から(純銀約5g、シルバー925チェーン付き)
ブレスレット 15000円から(バングルタイプ、純銀約20g女性用:直線長さ約17cm)

DSCN0031s-.jpg

アイアンのチョーカーです。4500円から
もう少し種類があります
製品については、すべて1点物ですので、現在展示してる物とは
異なっている物もあります。


PageTop

ストーブ動画

オーブンでチキンの照り焼きを作りました。
オーブン温度200℃ぐらいで入れますが、肉自身の温度が低いため
温度が50度ぐらいドロップします。それでも40分で、ご覧の通りきれいに美味しく焼きあがります。
油も程よく落ちて、とてもヘルシイです。



オーブンでチョコバナナケーキを焼きました。
オーブン温度150℃で40分。きれいなキツネ色に焼けました。
遠赤外線効果で、スポンジのように中ふわふわです。



クッキングストーブの画像です。


PageTop

クッキングストーブ検証 料理編

森の鍛冶屋 クッキングストーブ徹底検証
                     オーブン・料理編

DSCN0011.jpg



森の鍛冶屋のクッキングストーブのオーブンは火室の下部にあります。

 上記について[本当にオーブンが火室の下にあって、パンや肉が焼けるの?]
 発売開始以来、このようなご質問を時々頂いております。
 ではなぜ、森の鍛冶屋のクッキングストーブはあえてこの
 常識破りともいえる構造にしたか、そこには理由がちゃんとあります。
 
オーブンを下部においた場合

・低温から高温まで温度設定がダンパー調整で
  比較的簡単に行える。

 (オーブンを上部にした場合、低温域の維持が が難しいと思われ
  その結果パンなどが焼きにくくなると想定された)

 (横に置いた場合、火室との距離あいで、温度管理、
  焼き加減が難しいと、想定された)


・火室が上部にある場合、輻射熱を上から受けることが出来る。
 その結果 、パン、やピザ、肉料理、など表面にきれいな焼き色が
 つきます。(オーブン機能としてこれは重要な要素です) など
    
■そこで実際、検証した結果をお知らせします。

・検証場所:森の鍛冶屋 ケンズメタルワーク事務所兼ショウルーム

・検証機種:オリジナルクッキングストーブ

・タイプ:モアラージ WDH 550 530 910mm

・ストーブトップサイズ:720×595mm

・オーブンサイズ:WDH 360 370 235mm


   検証結果


DSCN0199.jpg

ダンパーを全開にし、いっきに炎を立ち上げます。
焚き始めは、ガラス扉を少し、すかす状態にし
多目の空気を送り込みます。

おおよそ1時間 で9mm鋼板のストーブトップが200度を超えました。

ダッチオーブンのお湯はすでにグラグラ状態。(直火当て状態)

ここでダンパーを閉め、排気をオーブンに側に送ります。
(ストーブ全体がある程度温まってからこの動作を行う)

オーブンの温度計はまったく当てにならないことが
判明したため今回はオーブン内温度は分かりません

このため、ストーブトップ温度を参考に入れます。


DSCN0001.jpg


オーブンONから約1時間
( 当てにならない温度計120度、プラス50度ぐらいが本当の温度と思われる)

ウインナーパンを焼きました。
少しオーブン温度が低いような気がしました。
ストーブトップ温度230度

30分経過オーブン上段は焼きあがっています。

しかし下段は輻射熱が遮られている為まだかすかに焼き色がつく程度。


DSCN0008.jpg


焼きあがった上段のパンを出しさらに10分焼きました。下段のパンも焼きあがりました。

オーブン温度が少し低い感じですが、輻射熱により
きれいに焼くことが出来ました。

焼き始めてから20分位したら 、上下を入れ替えると
同時にきれいに焼けると思います。(次回検証)

DSCN0002.jpg


こんな感じに焼きあがりました。

パン表面には、卵の黄身が塗られています。


DSCN0005.jpg


中もふっくらと焼けてます。
歯ざわりが少しもっちりとしていて、とてもおいしいと
デモをかねた、フリマではいつも完売です。

ウィンナーもパキパキしています。


DSCN0004.jpg


子供たちもウィンナーパンが大好物

DSCN0023.jpg

引き続き食パン
ストーブトップ温度 230度
オーブン下段で約50分でこんがり焼けます。

DSCN0027.jpg


表面はパリパリで中ふっくら。
焼き上がりのにおいがとても香ばしいです。

P1010034-1.jpg

中はふっくらです。
少し噛み応えがあり 食事パンみたいな感じ。
(フラッシュの調子が悪く画像が少し暗くてすいません)

DSCN0016.jpg

次にピザを焼きました。
少し温度を上げてストーブトップ250度
オーブン上段で20分
チーズがきれいに流れ、焦げ目も最高のマルゲリータ
の出来上がり。


DSCN0018.jpg


こんな感じです。
我慢できずタバスコかけて、ビールと一緒に食べました。




DSCN0011.jpg


いよいよ肉料理に入ります。
鶏肉 のローストから、
ストーブトップ250度、オーブン上段で40分

少し温度が低い気がしましたが、きれいに焼けました。
焼いている間かすかに聞こえるジュージューという音が食欲を誘います。

しょうゆベースのソースと黒胡椒が焼けるいいにおいがたまりません 。ビールもう一本。



DSCN0014.jpg


薪の遠赤外線効果で、中まできっちり焼けてます。

DSCN0017.jpg

次に鳥1羽丸焼き、
少し温度を上げストーブトップ270度
オーブン上段で50分 。きれいに焼きあがりました。

DSCN0020.jpg

ストーブトップでソーセージとたまねぎのコンソメスープを
作っています。
グラグラ煮立っています。

DSCN0006.jpg

オーブン下のスペースは程よい温度加減で、パン生地の2次醗酵や、凍結された食品の解凍などに使えます。

凍結された牛肉をオーブン下のスペースで解凍しました。。


DSCN0009.jpg


短時間でそして火力を必要とするローストビーフなどはオーブンではなくストーブトップを使用します。 ストーブトップでダッチオーブンを使いローストビーフができました。

ダッチオーブンを熱くし、肉をいれ蓋を閉めます。
ジューといい音がして 、よだれがまたでそうですが、がまん4?5分して蓋を開け、 ひっくり返し反対側を、1分間焦げ目をつけて、できあがり。




DSCN0010.jpg


出来上がりを氷水で冷やし肉を締めた後包丁を入れます。

理想とする出来です。表面はウェルダン
中はレアー最高です。
にんにく生姜しょうゆでいただきます。

グラム128えんオージービーフ 国産高級牛に負けず劣らずです。

DSCN0019.jpg


薪ストーブ愛好家の友人家族にもきて頂き、味を検証していただきました。

なぜかストーブの周りにいると 、みんな
いい笑顔になります。


DSCN0021.jpg



うちの家族、友人家族より、とても美味かったという評価をいただきました。
このクッキングストーブ一台で、ほぼ、どんな料理も可能であろうと、奥様方の評価でした。

この日は少し飲みすぎました。





検証後記

独断と偏見の中、今回は薪ストーブを使っての料理の検証を行ってきましたが、いかがでしたでしょう?

[薪ストーブを選ぶ ]本当に悩みますね。家電製品とは違いますから。

高価だし、使ってみなければ分からない代物、個性は強いし、見た目や、カタログで決めたがいざ
使ってみたら[あれ? ] となるやもしれない。

しかし、相性が合えばまたこれが、愛おしくてしょうがない、それが薪ストーブなのかもしれません。
このあたりは男女の結婚みたいな物でしょうか。

長い先、連れ添うわけですから、あせらず、じっくりと時間をかけ
、いろいろ検討しましょう、失敗がないように。

これからもいろいろな角度から、検証していくつもりです。ご意見その他ございましたら

何なりとお問い合わせ下さい。


PageTop

料理例

森の鍛冶屋のクッキングストーブでこんな料理が出来ます。

DSCN0008s-.jpg

DSCN0005s-.jpg
ウィンナーソーセージを入れたロールパン、子供たちの大好物

DSCN0009s-.jpg

ストーブトップでダッチオーブンを使い、ローストビーフ、
香ばしいいいにおいは、たまりません。

DSCN0011s-.jpg

chikin.jpg

グリルドチキン丸々一羽も出来る広いオーブンです。

DSCN0016s-.jpg

石釜で焼いたようなピザ、表面がカリカリでチーズがとろーり

DSCN0025s-.jpg

食パンもしっかり焼けます。遠赤外線効果でまるでホテルパンです。

DSCN2401s-.jpg

我が家一押しのアップルパイです。
りんごもおいしいですが、洋ナシも最高です。

DSCN2433s-.jpg

味の玉手箱みたいなグラタンです。

DSCN2482s-.jpg

スイートポテト、子供と一緒にこんな料理を作るのも楽しいです。

DSCN2522s-.jpg

DSCN2525s-.jpg

DSCN2526s-.jpg

DSCN2527s-.jpg
DSCN2531s-.jpg

燃焼室で五徳を使い豚肉のビール焼き。
時には男同士、ワイルドな料理も楽しいですよ。

DSCN2648s-.jpg

お休みの日はおかあさんと娘でクッキーなんかも作ります。

kamado3s-.jpg

オプションの鉄板で外でバーべQなんかもできたりします。

これからどんどん掲載していきます。







PageTop

ストーブ関連商品

自走式薪割り機
IMG_0507s-.jpg
こういった薪割り機見たことありますか?
これはもはや重機です。キャタピラーにより自走します。
前進2速、人間の早歩きぐらいです。後進もできます。
オプションで雪かきショベルも装着可能です。
IMG_0518s-.jpg
薪割りパワー20トン。直径30cm以上、長さ60cmの薪を
約10秒で割ってしまいます。

IMG_0509s-.jpg
専用道板で軽トラックで運べます。
OHV4サイクルエンジン7馬力
パワーや薪長さ、その他オーダーに応じます。
価格 450,000円(税別)から製作いたします。


オリジナル炉台
厚さ3.2mmの鋼板 でリブをサンドイッチした
空気層2重構造となっています。


DSCN0110.jpg

黒色耐熱塗装

サイズ:1220× 1220×30の
     その他希望サイズ可能です。

価格: 60,000円(税込63,000円)


DSCN0131.jpg

内部は空気層となっているため
側面の開口よりストーブからの熱で熱くなった
空気を外に排出し、床表面の空気を暖め、なおかつ
床の加熱を防ぎます。

DSCN0133.jpg


薪置き

室内用

サイズ:WDH 600×500×600
     その他希望サイズ可能です

黒色塗装三分艶

使用材:フラットバー鋼材

価格:18000円(税込み18900円)より


P1010052~2.jpg

屋外用

サイズ:WDH 1500×500×1300
     その他希望サイズ可能です

黒色塗装三分艶

使用材:フラットバー鋼材

お部屋近くのベランダなどへの設置をおすすめします。

価格 :29000円(税込み30450円)より

P1010078.jpg


煙突掃除ブラシ(落下タイプ)

煙突掃除が素早く楽に出来ます。収納もスペースを取りません。
自重でブラシを落下させ煙突内を掃除します。

ロープ10m、(取り付シャックル付き)
煙突径6インチ用ブラシ(ブラシ交換可)
重量:約2.5kg
価格:7500円(税込み7875円)

IMG_0285s-.jpg






PageTop

工房、所在地

森の鍛冶屋 ケンズメタルワーク

hook2.jpg

〒 391-0214
長野県茅野市泉野5931-68
TEL /FAX 0266-79-6443
URL http://kens.oops.jp
E-mail kens@bo.oops.jp

代表 高橋 憲三

PageTop

雑誌、テレビ局の取材

2007 2月13日 テレビ信州 ストーブ取材

テレビ信州(日テレ系)の報道番組 夜6時からの「リアルタイム」
の特集記事で当工房のクッキングストーブが紹介されました。
工房での作業風景や、ショールームでのピザ焼きの実演。
お客様でもあります、俳優の柳生博さんオーナーの八ヶ岳倶楽部でのインタビューなど濃い内容でした。
その後の反響もありまして、当工房のストーブも少しは、
メジャーになれたかな?お付き合いのある設計士の方は
あまり知られたくないとのこと。なんでや?と、聞いたところ
これ以上、納期がかかったらかなわんとの事です。
アイ、ツイマテ?ン

DSCN2632s-s-.jpg

焼きたてのピザを切ろうとしている私

DSCN2639s-.jpg

インタビュうを受けている八ヶ岳倶楽部のスタッフ

DSCN2637s-.jpg

柳生オーナーの特注クッキングストーブ、を撮影中

DSCN2558s-.jpg

DSCN2559s-.jpg

八ヶ岳倶楽部オリジナルクッキングストーブ。
左サイドの12mmの鉄板をばたんと倒すとバーべQなど鉄板焼きが出来ます。
オーブンはもちろん、燃焼室で、ダッチオーブンを使いキャンプ料理も出来ちゃいます。



 



*********************************************************
地元新聞 クッキングストーブ取材

2006 12月10日 地元新聞の特集記事に工房と、クッキングストーブが紹介されました。
DSCN2662s-.jpg


*******************************************************
地元テレビ局LCV工房取材

地元テレビ局の取材を受けました。
[じもわだ]と言う、地元の話題を取り上げた番組で、
2週にわたり放送されました。1週目は、工房での作業風景と
女子アナの体験レポート、2週目は、ストーブなどの、工房作品の紹介です。
この放送により、ほんの少しだけ、うちの工房も
知っていただけるようになりました。
LCVさんありがとうございました。


src="http://stove.up.seesaa.net/image/P1010033-thumbnail2.jpg" alt="P1010033.jpg" width="150" height="112" border="0" />

事務所兼ショウルームでインタビューをうけています


******************************************************


信州情報誌 [KURA くら]


  KURA くら 2005 2月号 で工房紹介されました。

DSCN2121s-.jpg


DSCN2126s-.jpg

  今回は門扉などの大物作品ではなく、オイルランプなどのインテリア雑貨です。
  クッキングストーブも紹介されています。



PageTop

プロフィール

● 北海道生まれ  潮騒を子守唄に育ちました。


● 国立小樽海員学校卒  鍛えられました。


● 7年間外国航路乗船   異国文化に触れ、一時海外移住も考えた一番思い出深い時期。
              特にスペインやポルトガルに魅了された。


● その後陸上勤務 10年間金属関連会社に製作施工職人として勤務 


● 1995年独立      廃材で工房建設、以後ストーブやポスト、
             表札などオリジナル製品を開発,製作、施工を行っています。


● 2000年        事務所兼ショウルーム開設
             長野県茅野市泉野5931-68


● 2005年        現在に至る

 

P1010002.jpg
事務所前で(少し緊張してますね秊)

PageTop

鍛冶屋日誌

森の鍛冶屋の 時々をつづっています。
下記URLをクリックしてください。
http://kajiyasan.seesaa.net/

PageTop

地球温暖化と薪ストーブ

地球温暖化

「地球温暖化」。北極、南極の氷が溶け出し近い将来、
南太平洋の島が水没してしまったり、多くの動、植物が絶滅してしまう恐れがあるという。
何年か前までは、「へーそうなの」と私は思っていた。
しかし最近の異常気象や、近くでは、
岡谷市の土砂災害など、身近でその影響を感じることが多くなってきた。
その原因は、地球を覆うっている温室効果ガスにあるのでは、という考えが主だ。

温室効果ガスってナニ

地球は、太陽からの日射を受けて温められ、余分な熱を赤外線のカタチで宇宙に放出して、
バランスをとっている。このときに大きな役割を果たすのが、
この温室効果ガスだ。
これがないと、せっかく太陽エネルギーで温められても、
ほとんどがそのまんま放出されてしまい、
地球は極寒の地になってしまうのだそうだ。このガスのおかげで、
生物が暮らしやすい適度な気温の環境が保たれているという。この温室効果ガスは自然の水蒸気、
二酸化炭素、メタンやオゾンなどから構成されているのだが、近年、人為的に排出される
CO2などが 急激に増えたために濃度が上昇、熱をうまく放出できなくなっていることから地球の温暖化が進んでしまっている。

薪ストーブだって二酸化炭素出してるだろ!

「薪を燃やすと二酸化炭素が出るじゃないか。なんで温暖化を防ぐんだ?」
という質問を受けたことがある。ごもっともである。
みなさんよくご存じかもしれないですが、
私自身の復習も兼ねて、そのあたりを簡単にまとめてみました。
木を燃やすと温室効果ガスであるCO2(二酸化炭素)が発生する、
それは木が成長のために吸収してきた
CO2と同じ量しか出ない。燃やして出てきた二酸化炭素は、
その分、木を育てることでまた木の中に
吸収される。木を育て、燃やすというサイクルの中で見ると、
空気中のCO2の量は増えないことになる。
(こういう性質は「カーボン・ニュートラル」と言われる。
もっとも、木を切って燃やすだけだと二酸化炭素は増えちゃいますが。)
ところが、非常に長い間、地中にかくれていた石油を燃やすとその分の二酸化炭素を吸収するサイクルがないので、空気中のCO2を増やすことになってしまう。
薪というのは石油と違って、人の力で再生できる資源であるから、エコといえるのではないだろうか。
薪とかその他バイオマスは放っておくと、腐敗するときに炭酸ガスだけでなくメタンガスが発生する。
メタンガスは炭酸ガスより20倍の温暖効果があるとされている。
従ってせめて燃やして炭酸ガスにして放出したほうが、地球環境により優しいのでは。

薪ストーブで温暖化防止の効果は?
いささか強引ではあるが、では薪ストーブを使えば、
温暖化防止につながるのか。
答えはあなた次第(自分も含めて)。製造過程に目をつぶれば薪ストーブは環境に優しい道具です。
燃え上がる美しい炎は、人々を癒してもくれ、
暖まる料理も提供してくれる。
でも本当に凄いと思うのは、身近なところで環境問題を教えてくれる
教材としての価値ではないか。
一人ひとりが「気付き」そして自分に「問いかけ」、小さいながらも「行動」を起こす。
今からでも遅くはないはず。


出来ることからの第一歩


ワンクリック募金
下記URLより地球環境への一円募金が出来ます。

http://www2.cosmo-oil.co.jp/kankyo/charity/

PageTop

アイアン表札のご案内

森の鍛冶屋では、薪ストーブのほかに
門扉や表札などのエクステリアも製作しております。

DSCN0129.jpg

詳しくは、下記URLをクリックしてください。

http://signsign.seesaa.net/

PageTop

更新状況

2008/0125 「ストーブ動画」にオーブンでチキンを焼く動画を追加

2008/01/20 「ストーブ動画」にオーブンでチョコバナナケーキを焼く動画を追加       
2008/01/09 「ストーブ関連商品」に煙突掃除ブラシ追加しました   

2007/12/28 カテゴリ?にストーブ動画を入れました(you tube)

PageTop

北海道ぶらっと旅

このブログを見ていてくれる皆さん、残暑お見舞い申し上げます。 森の鍛冶屋は夏休みに、北海道へ行ってきました(私の故郷)。 期間は、8月4日出発、途中新潟で海水浴を楽しみ、フェリーターミナルで一泊。5日朝、 新日本海フェリー新潟発?小樽行き乗船。翌6日小樽早朝着。 17時間の船旅でしたが、やはり船はいいですね?、ゆったりしていて。 船内もきれいだし、何より海を眺めて、風呂に入れるんですからサイコーです。 到着後、我がふるさと、最北の城下町松前へと向かいました。 途中、函館へちょっとより、お昼は焼肉食べ放題、ジンギスカンを思いっきり 食べてきました。実家では3日間滞在。毎日子供と甥を連れて海水浴。 ウニなんか、足のやり場が無いくらい海底に敷き詰められています。 何個かとってきて生で食べたり、焚き火で焼いて食べたりして、 山暮らしとなって久しい私には、感動的でした。 (浜で食べるぶんには、大目に見てくれますが、 密漁行為になるので注意しましょう。) つづきはまた今度 P8110134.jpg 船上のかもめの餌付け P8100132.jpg 夜のフェリー。とてもきれいでした。 P1010087.jpg 日本海に沈む夕日

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。