鍛冶屋日誌 長野の薪ストーブ

八ヶ岳の静かな森の中で聞こえる音は、鍛冶屋小屋からの音だけです。 そこでささやかな道具を使い、ひとつひとつ薪ストーブや鍛鉄で手すりや門扉を製作しています。 私が作ったストーブ等ををご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

森の小屋その後 3

長野の薪ストーブ屋
森の鍛冶屋ケンズメタルワークです。

昨日は工房の隣の森の小屋のデッキを張りました。
完成したらここで薪ストーブ体験を
やります。

DSCN4728.jpg

DSCN4729.jpg

DSCN4726.jpg






スポンサーサイト

PageTop

ストーブ設置2日目

長野の薪ストーブ屋
森の鍛冶屋ケンズメタルワークです。

ストーブ設置工事2日目
既存炉台と遮熱壁へ鉄板で延長し
ストーブを設置しました。

鉄平石と鋼板のコラボなかなか良い感じとなりました

12182764_658001531008092_1557827926923961805_o - コピー

12195014_658001537674758_2746659467208244151_o - コピー

12184048_658001564341422_3879299342735884290_o.jpg

PageTop

ストーブ設置工事

長野の薪ストーブ屋
森の鍛冶屋ケンズメタルワークです。

今週は3日間に渡り山梨でストーブの交換工事に行ってきました。
初日は煙突を交換しました。
まずは既存の煙突を抜きます。
雨仕舞のフラッシングが有りません。(びっくりです)
外見からして何本かで繋がれている普通の煙突と思っていたのですが、煙突本体は下から上まで1本の鉄管でした。
その周りに3本の筒になった断熱材

とにかく重くてなかなか引き抜く事が出来ませんでした。
お世話になっている板金技師さんに手を借りて大人3人でなんとか引き抜く事ができました。

設置した方もクレーンでなければとっても苦労したと思われます。
屋根周りを綺麗に収めて時間となりました。

12191292_657651414376437_7163469104514699144_o.jpg

12194859_657651474376431_6813742852797349898_o.jpg

12191194_657651451043100_1542906211062214370_o.jpg

11950192_657651501043095_6971366501924641116_o.jpg


PageTop

ユンボのゼネレーターが壊れた

長野の薪ストーブ屋
森の鍛冶屋ケンズメタルワークです。

今年中古で購入した。ユンボのゼネレーターが壊れた。

11月になりましたね!
本日は重機を使ってちょっと作業をしていたのですがなんだかゴムが焼ける様な臭いがしたのでエンジンを見てみると
ファンベルトから煙が

原因はジェネレーターのベアリングの破損で回転ができなくて摩擦熱でベルトから煙が出ていると判明しました。

外すのに苦労しました(^_^;)
分解したところ、ベアリングの1個が破損、ベアリングがどうしても外せなく
取りあえず、残りの1個のみで稼働させます。

11068404_656786407796271_4274395510816082025_n.jpg

PageTop

森の小屋その後

長野の薪ストーブ屋
森の鍛冶屋ケンズメタルワークです。

森の小屋のその後ですが、本業が忙しく
1ヵ月以上、手付かずでしたが、合間を見ながら
外壁がすべて張れ終わり、足場が外れました。
昨日は、断熱材を天井、壁、床すべて施工しました。
とにかく、冬はマイナス20度近くまで冷え込むので
断熱はしっかり行いました。
完成したら、真冬のお泊りストーブ体験できますよ!

12017546_653650388109873_7850071012788123260_o.jpg

11052006_656248427850069_8126161889830102378_o.jpg

PageTop

煙突交換工事

長野の薪ストーブ屋
森の鍛冶屋ケンズメタルワークです。

2日に渡り蓼科高原の別荘へ煙突交換工事をしてきました。
建物は約30年前に建てたものです。
一枚目の写真が雪に押されて煙突が折れ曲がってしまっている様子です。その次は押しつぶされているフラッシングです。
アルミニウム製なのでコストはかかりませんがこのような状態になり易いのが弱点ですね
ここは弊社がいつも使っているステンレス製へ交換。

煙突を外し終えましたら板金屋さん(1級板金技能士)に要らない部分をカットしていただき開口を広げます。
今の住宅ではほとんど無いと思われますが30年前は煙突が通る程の狭い開口です。尚、防火対策はされておりませんでした。

どこからか水が侵入して野地板が腐っていましたので取り除き、新しく足しました。ここで垂木へ補強もしました。

ケイカル板で防火対策を新しい煙突を設置します。

写真はないですが先ほどのステンレス製のフラッシングを被せ、板金屋さんの方に屋根を戻してもらい屋根周りは完了です。

今回も西室建築板金さんにご協力していただきました

屋根内部には断熱材を入れ、厳しい寒さ対策をします。
結露対策でもあります。

煙突の少し上側に雪止めを多めに付けます。
もう雪で倒れることの無いように

これで工事は完了です。

12182701_655679034573675_1815024924266425569_o.jpg

11893910_654122444729334_2467037374665710745_o_2015102907055727b.jpg

12183788_655376791270566_935909483467902864_o.jpg

12186824_655376787937233_5277860190441946515_o.jpg

12189504_655679031240342_4482700300214918843_o.jpg

12195117_655679007907011_7596864377015177933_o.jpg

10989127_655376814603897_2331723031255138810_o.jpg

12038933_655376831270562_571921961851370450_o.jpg

PageTop

煙突交換工事

長野の薪ストーブ屋
森の鍛冶屋ケンズメタルワークです。

当社で施工した煙突ではありませんが
煙突は昨年の大雪で倒れたと思われます。
昨日、足場を架けました。
雪が降る前に来週、煙突交換工事着工。
実に1年以上放置状態。
その間、雨漏りなどもあったようです。
8月にご相談を受けその後いろいろありましたが、
9月に保険屋さんに書類提出しやっと
保険対象工事の認可が下りました。
雪害により100パーセント保険が効きます。
保険屋さんへ提出する書類、折衝などの
お手伝いもさせて頂いております。

12032847_654122474729331_765830625680442508_o.jpg

11893910_654122444729334_2467037374665710745_o.jpg

10855117_654122458062666_5630574309006109476_o.jpg

PageTop

紅葉が光ってた!

長野の薪ストーブ屋
森の鍛冶屋ケンズメタルワークです。

現場の帰り道、紅葉が秋の日に輝いていた。
短い蓼科の秋。

12010775_962721923786356_1175023157327254633_o.jpg

PageTop

蓼科も紅葉

長野の薪ストーブ屋
森の鍛冶屋ケンズメタルワークです。

今日は蓼科高原の現在の様子を紹介したいと思います。

夕方にバイクにのってビーナスラインを走ってきました!
紅葉が今一番見頃です

一枚目は、奥蓼科の御射鹿池です。CM撮影でも使われた場所で静かな場所ですがとても観光客の方が多く訪れていました。
駐車場は4台くらいしか停められないです。(ほとんどが路上駐車になってしまいます)

2枚目はビーナスラインの撮影スポットから
八ヶ岳を横から眺められる場所です。

3枚目は白樺湖です!
蓼科山が白樺湖に反射して逆さ富士と同じ風景が楽しめます。

本日は紅葉情報でした

12138568_652767704864808_5402034582517965315_o.jpg

12119918_652767721531473_7646243117530212538_o.jpg

12080272_652767678198144_2157535890151868330_o.jpg

PageTop

薪ストーブ燃焼検査

長野の薪ストーブ屋
森の鍛冶屋ケンズメタルワークです。

本日は燃焼テストを始めて工房内で行いました。
その一部を動画に纏めましたのでご覧下さい。

これからの冬が待ち遠しくなるに違いなしの燃焼です。

それがこちら

https://www.facebook.com/Kensmw/videos/652239584917620/

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。